縁むすび風鈴

平成30年7月7日(土)〜9月9日(日)

川越氷川神社

光る川

川越氷川神社の由緒を記した古い文書には

「光る川の伝説」が残っています。

今からおよそ千五百年前、入間川の川底が毎夜広い範囲で光り、

不思議に思った人々が光の元を辿ったところ、

現在川越氷川神社が鎮座している場所につきました。

土地の長が身を清めてお告げを伺うと、その光が

氷川の神様の霊光であると告げられたため、

ここに氷川神社が建てられたのです。

この由緒にならい「縁むすび風鈴」の期間中、

午後七時から午後九時まで、

夏空の天の川に見立てて境内の小川に光を灯します。

風鈴の音色に合わせて、涼やかな光の瞬きを

感じていただければ幸いです。

 

 

 

 

TOPへ戻る