縁むすび風鈴

平成30年7月7日(土)〜9月9日(日)

川越氷川神社

恋あかり、22日より


神社の
あかりを、まちへ

 

今からおよそ1500年前、

川底に光る霊石を祀ったことに始まるとされる

川越総鎮守、氷川神社。

川越氷川神社と「光」は創建の昔から密接な関係にあります。

 

やわらかな光には、ひとの心を和らげる力があるのでしょう、

縁むすび風鈴に飾られるガラス製の江戸風鈴は

境内のあかりに照らされ、

夜もやさしく参拝者を迎えます。

 

「恋あかり」は、それぞれの想いをぼんぼりにともして、

川越の夏の夕景を楽しんでいただく新行事です。

あかりを手に歩いていくと、

今もひっそり息づく小江戸の歴史や文化が、

夕暮れのまちにふわりと浮かびあがってくるかもしれません。

たいせつなひとと一緒に、ぜひお越しください。

 

 

「恋あかり特別良縁祈願祭」

期間:平成29年7月22日(土)~8月27日(日)
斎行時刻:毎日 18時30分~

※事前予約不要。祈願祭の時間は多少前後する場合があります。
※日によって時刻が変更になる場合がございます。

祈願初穂料:お一人様 1,500円
授与品:神社特製ぼんぼり・飴
※祈願授与品としてだけではなく、毎日17時より社務所で頒布もいたします。
(初穂料おひとつ1,500円)

 

TOPへ戻る