縁むすび風鈴

平成30年7月7日(土)〜9月9日(日)

川越氷川神社

恋はなび

 

「縁むすび風鈴」期間のうち三週間、

川越氷川神社では特製の線香花火「恋はなび」を限定頒布します。

 

特徴その 1~形状

恋人や夫婦、二人でひとつの線香花火を灯せるように、

持ち手が二本になっている形を考案し、

花火工場へ特別に作っていただきました。

 

特徴その2~紙縒り(こより)の色

線香花火の紙縒りは、和紙を草木染でやさしい色に仕上げました。

 

特徴その3~花火のあと

紙縒りは一本ずつそれぞれの手に残ります。

儚い火が落ちたあとでも川越で過ごした夏が

いつまでも心に残るように、

そしていつまでも仲良く過ごせるように。

「恋はなび」は、お互いの小指に紙縒りを結んで

いただけるように作りました。

 

川越氷川神社の結婚式における独自の誓いの儀式

「結い紐の儀」にも同じ思いが込められています。

 

 

恋はなび概要

 

<頒布期間> 平成 30 年 7月14日~7月29日、9月3日~9月9日

<頒布開始時間> 18時より

<頒布本数> 先着100本(1組に1本とさせていただきます)
※なくなり次第、終了

<初穂料> 三百円

 

恋はなびはそのままお持ち帰りになるか、
境内の特設スペースにて、18時半より行うことができます。

 

TOPへ戻る